KIND Wallet の独自構造

「お金を出し入れするストレスを減らし、毎日のお買い物をより楽しくするために」
KIND Walletは、使いやすさをとことん考え抜いて作られました。

中身を一目で見渡すことができ、
「カード」 「お札」 「小銭」 の全てが、抜群に出し入れしやすくなっています。

使いやすさの秘密は、
財布を開くとカードの端が浮き上がる「インサイドマチ構造」。
さらに、浅くて広い小銭入れを備えた独自構造(意匠登録出願: 2018-18058) は、
KIND Walletのみが有する唯一無二のデザインです。

つまみやすいカードポケット

会計時、カードが取り出しにくくて困ったことはありませんか。 従来の財布では、指をカードの下の隙間に差し込んで引っ張り出さなくてはなりませんでした。手の乾燥や、ケガや病気などで指先に不自由があると取り出すのがさらに難しくなってしまいます。 KIND Walletは、こうした不便さを解消するために、全てのカードを楽々とつまむことができる仕組みを独自に開発。カードポケットへと採用しました。 取り出しやすさの秘密は、まず切り欠き構造を用いてカードをつまむ面積を確保したこと。そして、マチを財布の内側に縫い込む独自のインサイドマチ構造で、カード一つ一つに余裕あるスペースを与えたことです。これにより、財布を開けると自然とカードの一端が浮き上がり、つまみやすくなっています。マチを財布の中央部に縫い込むのは困難を極めますが、上野・御徒町の職人さんの高い技術により実現しました。一つ一つしっかりと時間をかけ、丈夫に作り上げられています。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet

L字型に大きく開く札入れ部分

紙幣が見えづらく、取り出したいお札を選ぶのに時間がかかる。そんな経験をした方がいらっしゃるかもしれません。 ほとんどの財布のお札入れは、3辺が閉じたポケット状の構造となっているためにお札がよく見えません。こうした札入れに、複数の種類の紙幣を一緒に入れてしまうと、お札を見分けるのが難しくなってしまいます。 KIND Walletは札入れ部分に、あえて一般的なポケット型ではなく、L字型に大きく開くデザインを採用しました。このことにより、財布を開けた時に中のお札が見えやすくなり、お札の種類を容易に確認することができるようになりました。もちろん、取り出しやすさも抜群です。 また、お札入れの端には滑り止めに小さなマチが縫い合わせてありますので、使用中にお札が滑り落ちる心配もありません。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet

浅くて広い小銭入れ

財布の小銭入れから硬貨を取り出すのに苦労した経験は、ほとんどの人が持っているのではないでしょうか。 私たちは、「なぜ一般的な財布の小銭入れは使いにくいのか」という問いから研究開発を始めました。そして、「一般的な財布は小銭入れが深いため、硬貨が見にくく、取り出しにくい」ということに気付きました。 そこでKIND Walletは、「浅くて広い」独自デザインの小銭入れを取り入れました。 収納されている硬貨は一目瞭然です。 また、小銭の取り出しが非常に簡単、スムーズに行えます。 もちろん、ポケットが浅くても、収納時には小銭がこぼれ落ちないよう緻密な工夫も凝らされています。 熟練の職人さんが持つ技術力によって実現した、革新的なデザインです。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet

KIND Wallet の独自構造

KIND Walletは、日頃のお買い物をより楽しくするために誕生した財布です。財布を開けるだけで、「カード」、「お札」、「小銭」 その全てを見やすくすること、そしてその全てを出し入れしやすくしました。

カード一つ一つにスペースを確保するインサイドマチ構造、そして浅くて広い小銭入れを組み込んだ独自構造(意匠登録出願: 2018-18058)は、KIND Walletのみが有する唯一無二のデザインです。

カードのインサイドマチ構造

お会計時、カードが取り出しにくいと感じる場面がこれまでにあったと思います。従来の財布のカード取り出し方法は、指をカード下の隙間に差し込み、つまみながら引っ張り出す構造のためです。KIND Walletは、全てのカードを楽々つまむことが出来る構造を採用しております。その方法は二つ。一つ目が切り欠き構造を用いてカードをつまむ面積を確保したこと。そして二つ目は、マチを財布の内側に縫い込む独自のインサイドマチ構造を使用し、カード一つ一つに余裕あるスペースを与えたことです。これにより、財布を開けると自然とカードの一端がつまめるようになっています。マチを財布の中央部に縫い込むことは困難を極めますが、上野・御徒町の職人さんの技術によって時間をかけて丈夫に作られています。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet

お札のL字型デザイン

殆どの財布のお札入れは、お札のまわりの3辺が閉じた構造となっており、目的の紙幣を探し出す苦労が生じます。お札は重ねて収納されているため、一枚一枚確認することが狭い隙間から困難な為です。 この問題に対して少しでも使いやすいお札入れに近づけるため、KIND WalletはL字型で開くデザインを用いました。これによりお札の確認がよりワイドな視界から行えます。また、お札入れの端にはお札の滑り止めも縫い合わせてあります。これにより、使用中にお札が滑り落ちる心配もありません。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet

浅くて広い小銭入れ

これまでは、小銭を使用する際に小銭入れの中から目的の硬貨を探す手間や取り出す苦労が少なからずありました。一般的な財布は小銭入れが深いため、硬貨が見にくく、かつ取り出しにくい構造となっているためです。そこで、KIND Walletは硬貨収納部を浅くかつ広い独自デザインをとり入れました。これにより、収納されている硬貨は一目瞭然です。指で小銭を取り出す行為がこれまでとは比べ物にならないぐらい簡単です。もちろん、財布が閉じた状態では小銭がこぼれ落ちないように、緻密なデザインが施されています。これもまた、素材や仕上げの良さで勝負してきた職人さんの技術によって実現したデザインです。

  • 従来の財布
  • KIND Wallet